HSP交流会

はじめの一歩から始めよう_1回目【いろは交流会】

9/13(日)に大阪・梅田にて、
回目 繊細さん(HSP)「いろは交流会」を開催しました。

「いろは交流会」と名付け、初めての開催です。

「いろは」と名付けたのは、はじめの一歩が踏み出しやすい場になるよう想いを込めて。

チャレンジする時は、不安や心配が付きもの。
私も初めて交流会に参加した時は、
 ・ どんな人がいるのかな
 ・ 怖い人いないかな・・・
 ・ 初対面でいきなり話せるかな・・・
と、前日の夜から緊張で心臓の音が気になる、ドキドキと。
当日会場に向かっている最中も何も考えられず、頭が真っ白になっていました。

私自身も経験しているからこそ、皆さんも踏み出しやすく。
勇気を振り絞って踏み出した一歩が、次の一歩つながるよう、
その想いで交流会を開催しました!

~ 目次 ~
 (1) 参加者の性別・年代
 (2) タイムスケジュール
 (3) 話した内容
 (4) 繊細さんが気になっているテーマ
 (5) 参加者の声

 

(1) 参加者の性別・年代

男性:3名
女性:2名

20代:2名
40代:1名
50代:2名

初参加:4名
リピーター:1名
男女比もバランス良く、幅広い年代の方に参加頂きました。

(2) タイムスケジュール

10:15 スタート
 ・ 自己紹介
 ・ 質問カード作成タイム
 ・ 全体トーク

  ~休憩(10min)~

 ・ グループトーク(2グループにて)
 ・ 1:1で感想共有
 ・ アンケート記入
11:55 終了

3つのコロナ対策
 (1) 「広々と」:会場の定員の半数以下で開催。
 (2) 「換気」 :途中に換気休憩タイム(10min)
 (3) 「距離感」:ゆとりのある会場で、一人ひとりの距離を確保
マスクの着用にご協力頂いております。

(3) 話した内容 (♠グループ)

 ・ 繊細で良かったなと思うこと
 ・ 若い時と比べて変わった所、変われないなと思う所。
 ・ 職場の人に食事に誘われた時、どう対応?

繊細良かった!思うことは

繊細で悩んでいる時は、中々出てこないものです。

私も悩んでばかりにいた時は、マイナスに考えるばかりで毎日つらい日々。
底なし沼に落ちたような感じでした。

この時に勉強会の場で知り、早速実践し始めたのが、解釈の仕方を変える

HSPで苦しむ症状は、ひっくり返すとプラスになり、表と裏の関係があります。

例えば、
「相手が何を考えているか気になり、気疲れする」

ひっくり返すと(解釈を変えると)
 ・相手の立場で考えている
 ・相手が何を考えているのか想像している。

自分の身になって考えてくれる人がいたら、それほど嬉しいことはありません
繊細さんは、人を大切にできる個性があります。

ぜひ皆さんも、少しずつでも解釈を変える意識をしてみて下さい。

(4) 繊細さんが気になっているテーマ(グループ)

一部紹介します。
 ・ 気の許せる人は多いですか?
 ・ 店員に対して断りたい時、どんな言い方をしている?
 ・ 人前で話す時、話す内容をまとめたりして、自分の中で練習することある?
など。

(5) 参加者の声

・共感出来て嬉しかったです。
・時間があっという間に過ぎました。
・もっとHSPの事が世に広まればいいなと思います。
 奈良県 女性

HSPは私だけなのかと思っていた時期があったけど、今日の交流会を通して仲間がいる、自分だけではない安心感を持てた。
また参加したいです。
 大阪府 男性

同じHSPの方々と悩みを共有できて良かった。
また参加されている方の年齢層もさまざまだったので、興味深かったです。
 大阪府 男性

共感できて良かったです。
紙に書いた事を元にして話すのが話しやすい。
 大阪府 男性

(6) さいごに

交流会は、
好き・嫌い」「合う・合わない」がはっきりと分かれるかと思います。
また同じHSP交流会でも、会場や主催者によって雰囲気が大きく異なります。

 ・ まずは共感し、お互いを認める
 ・ 次に違いに気付き、興味を持つ
 ・ 自分の考えを押し付けず、お互いにフィットしそうな答えを一緒に考える
 ・ なんでもHSPのせいにしないで、成長しようと努める
を大切にしたい方は、合う交流会だと思います。

次回は、
 ・ 9/22(火祝)13:00~「たおやか交流会」
 ・ 9/26(土) 10:15~「いろは交流会」
です!

▼ 繊細さんの「いろは交流会」の詳細・お申し込み
こちらから↓↓(こくちーずPROより)
繊細さん(HSP)の「いろは交流会」

 ・ 同じ繊細さんとお話を共有したい方
 ・ HSPを深める初めの一歩を踏み出したい方
のご参加、心よりお待ちしております。