HSP交流会

HSPの会・集まり 参加時「3つの心得」

(このページは、2020年12月5日更新されました)

「参加する際、何に気を付ければ良いの?」
「どんな準備をしていけば良いの?」
「どんな方が参加しているの?」

この記事はそんな方へ向けて書いております。

私自身も、はじめてHSPの集まりに参加した時、
  ☑ 「どんな人がいるんだろう…」
  ☑ 「怖い人いないかな…」
  ☑ 「いきなり初対面で話せるかな?」
と不安で、当日会場に着いたものの建物の1階で立ち止まり、直前になっても参加しようか悩んだのを覚えています。

「不安」「わくわく」へと少しでも変化し、
より実りのある時間を過ごす一助になればと思い、この記事を書きました。
これまでつの会に参加し、そして主催も通して実感した情報をお届けします!

それでは早速行きましょう。

~ 目次 ~
 (1) 参加時「つの心得
 (2) 参加前に「大切なこと
 (3) 参加する方の「つの特徴
 (4) まとめ

(1) 参加時「つの心得」

さい子ちゃん
さい子ちゃん
具体的に、どんな事を意識すれば良いの?
HSPの集まり「3つの心得」

 ① 共感を求めすぎない
 ② 相手の解釈を考える
 ③ 費用(参加・交通費)を意識する

① 共感めすぎない

HSPの集まりに参加する理由の1つに「自分と同じ悩み・気質を持っている方と話したい」がありますが、思うように共感が得られないこともあります

同じHSPといっても内向型/外向型があり、考え方も人それぞれ異なります。
なのでHSPの集まりでは、「同じ所だけでなく、違いも認め合う」ことを大切にして下さい。

私の話になりますが、これまで「ちゃんとしなきゃ!」という思いが強すぎて、それができていない他者を受け入れることができず、イライラすることがありました。
例えば、
  ・「嫌な事も断らず、ちゃんと仕事しなくちゃ!」
      → 仕事を断る人を見ると、イライラ
  ・「迷惑かけないように、ちゃんとしなきゃ!」
      → だらしない人を見ると、イライラ

そこで、
  ・なぜ私は、「〇〇しなくちゃ!」と思っているのだろうか?
  ・なぜ他者は、そうするのだろうか?
と考える事で、これまで気付かなかった自分の「心の在り方」が分かり視野が一気に広がる実感がありました。
自分だけでなく相手のことも客観的に把握できるようになり、違いや他者を認めることができ、落ち着いて会話を楽しめるようになりました。

HSPの集まりは、普段の出会いと比べると「多くの共感」が生まれます。
しかし思うように共感が得られないこともあり、その時は
  ・自分の考え方を知る場
  ・違いも知る場
  ・相手から学ぶ練習
と考えることで、人間関係が良くなるヒントを得ることもできるのです。

② 相手解釈える

HSPの集まりでは、悪気がない相手の一言で傷つく事があります。
もちろん相手に悪気がないと知っていても、ショックです。

この時に意識して欲しいのが、「事実」「解釈」に分けて考える事です。
事実は1つですが、解釈は人それぞれ異なり、人の数だけあります。
例えば、
「仕事で、上司に注意された」は、次のように解釈されます。
  ・「上司は自分のストレスを解消したく、ただ怒鳴っている」
  ・「上司は私のことが嫌いで、注意している」
  ・「上司は私の成長の為に、叱咤激励している」
など、人により解釈の仕方が変わってきます。

HSPの方は、相手の気持ちを思いやる方が多いですが、悪気がない一言で傷つく事もあります。
その時は「なぜ、相手はそう言っているのか?」と、相手の発言の背景・解釈も考えられると、フラットな目線で会話ができるようになります。

③ 費用(参加・交通費)意識する

参加費の相場は、1,000円~1,500円です。
交通費も考えると、2,000円程度掛かると思います。

休職中/転職活動中の方もおり、決して参加しやすい金額ではないと思います。

せっかく参加するので、「参加して良かった!」「また参加したい!」と思って交流会を締め括りたいのは皆同じ。

そこで次(2)の、参加前の準備が大切になってきます。

(2) 参加前「大切こと」

せん君
せん君
どんな準備をしていけば良いの?

次の事を参加前に考えてきて頂くと、より実りのある時間を過ごせます。
 ・「どんな時に繊細さが気になる?」
 ・「集まりでどんな事を期待する?」
 ・「どのようなお話を、参加者同士共有したい?」

「えっ!? これだけ?」もしくは「こんなに多いの!?」と思う方もいるかと思いますが、事前に考えることで、より充実する時間を過ごせます
もちろん準備しなくても楽しめますが、せっかくの貴重な時間・お金を交流会に費やして頂いています。

私自身含め主催者一同も、
皆さんに「参加して良かった!」「また参加したい」と思って貰えるように準備に努めております!

(3) 参加者「3つの特徴」

さい子ちゃん
さい子ちゃん
参加する方は、どんな人が多いの?
参加する方の「3つの特徴」

 ① 礼儀正しい
 ② 心配りができる
 ③ ものすごい頑張り家

① 礼儀正しい

言葉遣いがとても丁寧です。
また会場には時間に余裕を持って集まってもらい、そのお陰でスムーズに会を始めることができます。
会が終わった後はテーブルと椅子を戻すのを手伝って貰い、いつも助けて頂いております。
いつもありがとうございます。

② 心配りできる

自分一人が話しすぎないように話すバランスを考えて頂き、また話しやすいように参加者同士で質問をし合ってくれます
主催者としても嬉しい限りです。
また悩みを打ち明け暗くなる時もありますが、参加者同士で励まし合う事もありました。

③ ものすごい頑張り家

交流会を主催しHSPさん同士話すと、工夫・チャレンジを良く聞きます。
例えば
  ・ はじめてHSPの集まりに参加する
  ・ 自分やHSPの事を知ろうと、本やyou tubeを見ている
  ・ 自分の気持ちと向き合っている。
  ・ 自分を大切にするため、仕事を辞めた
  ・ 新しい一歩を踏み出そうと、仕事探しをしている
私たちHSPは、仕事や人間関係など色々と悩むことはありますが、
少しでも前に進もうと日々工夫をし、チャレンジをしています
私が感じた、HSPさんの一番の共通点です。

(4) まとめ

今回は、HSPの会・集まりで、より実りのある時間を過ごすためのポイントをお届けしました。

HSPの集まり「3つの心得」

 ① 共感を求めすぎない
 ② 相手の解釈の仕方を考える
 ③ 費用(参加・交通費)を意識する

HSPの集まりは、普段の出会いと比べると「多くの共感」が生まれます。
しかし思うように共感が得られないこともあり、その時は
  ・自分の考え方を知る場
  ・違いも知る場
  ・相手から学ぶ練習
と考えることで、人間関係が良くなるヒントを得ることもできるのです。

一期一会という言葉があるように、
交流会には今後の人生に大きな影響を与えうる人・言葉との出会いがあります。
一度きりの出会いの場を大切にしたく、
「参加してすごく良かった」「また参加したい!」と思って貰えるように、私自身も準備に努めております。

せん君
せん君
「参加することが待ち遠しいっ!」と思ってもらえるといいね!

▼ 繊細さんの「いろは交流会」の詳細お申し込み
こちらから↓↓
繊細さんの「いろは交流会」

▼ 「HSP交流会」特徴まとめ~つの会に参加してみた~ を参考にして頂くと、参加してみたくなる交流会が見つかります!

「HSP交流会」の特徴まとめ ~5つの会・集まりに参加してみた~(このページは、2021年6月1日に更新されました) ・ 「HSP交流会、参加する前にもう少し情報が欲しい!」 ・ 「どれに参加...